読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

26.イリュージョン、マジック、何それ美味しいの?女性協力隊員はモテないらしい。

先日、何とも悲しい話を聞いた。

女性の青年海外協力隊員は日本に帰った時、モテないらしい。

 

 

まずは、イリュージョン・マジックの説明を。

 

他の協力隊員のブログを見たことある人なら、もう知っていると思うので簡単に。

 

二本松訓練所で隊員カップルが成立することを”イリュージョン

 

駒ヶ根訓練所で隊員カップルが成立することを”マジック”という。

 

そして、ケニアに来て初めて知ったが

二本松訓練所と駒ヶ根訓練所で隊員カップルが成立することを”ミラクル”というらしい。

 

そりゃ、ミラクルすぎるわ。笑

 

栄養士でもあったように、訓練所での派遣前訓練の前に職種によって事前研修があって、そこで知り合ってカップル成立!ということも、稀にあるらしい。

 

まぁ、そんなこんなで私たち二本松訓練所で訓練した2016年度2次隊のイリュージョンの結果はどうだったかと言うと、、、

 

訓練中に成立したのは、多分1組。 すくなっ!!!!

 

訓練終了後に「○○さんと△△さんが付き合ったらしい」というのは、何組か聞いたが、訓練中は1組のみ。

 

 

私はどうだったかと言うと、まぁ、イリュージョンは起きませんでしたね。

 

結構早い段階で、周りから色々と噂され、一時期それが本当に嫌になって、その噂になっていた相手を避けるほどでした。その節はごめんよ。

 

各班に担当スタッフさんがいて、訓練中に何回か面談を行うが、面談の度に「イリュージョンは起きましたか?」って聞かれた。

そして、最後の面談の時に「○○さんとイリュージョン起きましたか?」と名指しできた。

この時は、さすがに笑った。

 

噂をしてくれたみんな、担当スタッフさん、ご期待に添えずに申し訳なかったです。

 

 

 

それと、先日聞いた何とも悲しい話。

 

女性の青年海外協力隊員は日本に帰った時、モテない。

 

ツラい。。。心に刺さった。。。

 

青年海外協力隊と聞いただけで引かれるよ!と言われた。

 

しかも、「アフリカのケニアで2年生活していた」とか言ったら、10歩は引かれるよ!

 

とまで。

 

 

よく考えれば、そりゃそうだよな〜と。

 

アフリカのケニアで2年も一人で生活するとか逞しすぎる。

 

「守ってあげたい!」

 

とか、微塵も思わんやろうなぁ。

 

逆の立場やったら、思わんもん。笑

 

「いやいや、俺が守らんでも自分十分逞しいけん、これから先も一人で生きていけるやん!」

と思うやろうなぁ。

 

 

なので、担当調整員さんは協力隊員同士のカップルを推していた。

価値観が合うでしょう、とのこと。

そうなんですかね〜?

 

 

 

これから、協力隊の試験を受けようと思っている女性の方々。こういうことも考慮した上で、試験を受けるかどうかを決めた方がいいと思う。

 

 

まとめ;

何度もいろんな人に聞かれましたが、イリュージョンは起きていません。

身長が低いところだけは一応女子っぽいところなので、痩せれば「守ってあげたい」感が出るかなぁ。。。いやぁ、無理かなぁ。。。うん、無理だ。